Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯からアクセスされるページ

出席や小テスト回答などを、携帯を通じて学生側から入力してもらうことは可能だろうか、ということについて。とりあえず学生個々人の認証をどうするか考えておかなければならない。所有している携帯で判別するとすると、携帯の端末IDを取得する必要がある。結局端末IDと学籍番号の対応によって認証するのがよかろう。携帯を変更した場合や忘れたなどの場合の対応を決めておかなければいけない。

追記を表示

スポンサーサイト

方針転換!Pukiwiki->Hiki

これからはどうせいろいろな文章を web で公開することになっていくのだから。ということで、論文等を作成するときのプラットフォームを作ってしまおうと思っていろいろやっているわけですね。ブログは確かにいいツールだけれど、基本的には時系列的です。もうちょっと面的なテキストベース文書群構築可能な自由度の高いモノとしてはやはり wiki があるわけです。
で、この間はともかく Pukiwiki を使ったシステムをがちゃがちゃ作ってきまして、とりあえず図表の番号の相互参照ができるところまでは行きました。が、どうもいまいち不満が残りました。特に、ファイル名がエンコードされすぎていることと。再帰的変換に関する規則がよくわからなかったこと。インライン展開の自由度がやや小さすぎること。rubyが使ってみたいこと。標準の Wiki 規則への準拠度が高いこと。などから、結局 Hiki をプラットフォームに選ぶことにしました。テーマも tDiary 系が使えて、センスのいいものがたくさん見つかりそうです。

Emacs の replace-regexp

Emacs で正規表現を使った置き換えをする際には、 M-x replace-regexp に続いて、二つ入力をする。例えば次のようにすればよい。
    &imgtex(\(.*\));
\1

で、 imgtex の括弧内だけが残る。結局のところ、\( \) \1 が機能を持っていることになる。なお、この方法では、最長 matching となるようだ。これに注意するとすれば、たとえば次のような変換もありである。
    &nocite(\([^)]*\)){\([^}]*\)};
\\nocite{\1}\2

これで、一つの行に複数同じパターンが繰り返されるような場合でも、うまく一つずつ変換してくれる。
\\ は、 \ マークそのものを意味する。 \ ひとつだけだと、直後の文字と合わせて何らかの機能を持っていることになってしまう。
それにしても面妖な世界だ。

ASTEC-XでVineのemacsにATOKで日本語入力(2)

以前このようなエントリーを書いているので同じことをなぜまた、と思わないでもないが、もう一度まとめてみる。というのは、しばらくやってないうちに設定を忘れてしまい、以前のエントリーも全然役に立ってないことがわかったからである。今度こそ何を設定したらうまくいったのかをきちんと書いておきたい。

追記を表示

PukiWiki+imgTeXで数式入りのWiki

今日はPukiWiki上での数式書き込みを可能にするシステムを導入した。PukiWiki については、PukiWiki公式サイトから。数式の方は、imgTeXというシステムを作っている方がおられたので、これを採用。PukiWiki用プラグインも作成してくださっていた。
いちおう経過を忘れないうちにメモしておく。

追記を表示

Extra

プロフィール

象(Zoo)

  • Author:象(Zoo)
  • 理系研究者です。科学好き、やや社会派、体を動かすのも好きです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

バナーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。