Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PukiWiki 拡張中間まとめ

現在のところ、以下の機能の実現をみた。

  • section を WikiName で参照してそのタイトルを自動読み込み
  • 図と表を key で参照して

    • それらのリストを別ファイル Table, Figure に作成
    • これらの図と表の key を自動的に番号に変換して参照

  • 図と表はひとつずつ別ファイルで定義。キャプションも同時に
  • 図と表のキャプション定義用ファイルを手動作成
  • TeX を png に変換する図サーバ、数式サーバ

今後実現させたいもの

  • TeXファイルに自動変換して出力
  • TeX to png ツールの仕様確定
  • wiki 上での reference 自動作成機能
  • 図と表のキャプション定義用ファイルの自動作成

スポンサーサイト

pukiwiki skin (pa_freeze, pa_unfreeze)

pukiwiki の skin 設定について。
Orangebox という自作 skin が気に入ったので使っている。
左側のメニューバーのところにページ編集などのボタンが簡潔に置かれているのがたいへん良いが、凍結・凍結解除のボタンがない。どうしてだろうと思っていたら、 orangebox/plugin.css の中で、
.pa_freeze, .pa_unfreeze{
display:none;
}

というような設定があった。これに、
#page_action .pa_freeze,
#page_action .pa_unfreeze{
height:20px;
background-repeat:no-repeat;
padding-left:20px;
}

を加えて、
.pa_freeze{
background-image:url("../../../image/freeze.png");
}
.pa_unfreeze{
background-image:url("../../../image/unfreeze.png");
}

みたいな感じになおしてやったらうまくいった。

ファイルごとのアクセス制限

PukiWikiでは、正規表現を使ったファイル名ごとに、読み出しのみ・読み書き可能の制限をかけることができる。
pukiwiki/pukiwiki.ini.php を直に書き換えて、ユーザーおよびパスワードの定義と、制限を加えるファイル名を正規表現で指定可能である。

PukiWikiで気楽な論文作成+公開サイトができるか

PukiWikiで何ができるのかはまだ未知数だ。気軽に書いて、書きかえてといったことができるようなページを目指している。その際に、ある程度本格的な論文が書けるようでないと話にならない。したがって、TeX の数式と親和性が高いことが大切である。また、できれば図表の入れやすい構造であることが求められる。とりあえずPukiWikiは可能性のあるシステムだという気がする。
まずはなんとか一つ論文を書き上げて、その作業の中で何ができるか追求していきたい。また、不足する機能があるのであれば、それを自作できればよりよい。
Wikiが作成するファイルは基本的にテキストファイルである。そして、適度なマークアップが可能である。すなわち、web page, latex 等の形式に変換する元となる、十分な構造を持った論文のひな形が完成しうるのである。これがこの手法に期待するもう一つの理由である。

Extra

プロフィール

象(Zoo)

  • Author:象(Zoo)
  • 理系研究者です。科学好き、やや社会派、体を動かすのも好きです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

バナーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。