Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

オリジナリティーを大切にしよう

阪大の学生が研究データを捏造し、それを元にして投稿された論文を取り下げる事態に至っているらしい。やや問題を異にするが、TBSのホームページのコラムが他紙の記事等からの盗用を常習にしていたことも、最近明らかになった。こういった、知的生産活動における捏造・剽窃は、自らの知性の自己否定そのものだと思う。残念な事件だ。とはいえ、小なりと言えども同様のことは学生レポートの中にしばしばあらわれていることも事実だ。
僕は一般教養の講義で、時々学生にレポート課題を出すことがあるが、ウェブページ時代の昨今、他人のページからのコピペによって構成されたものをしばしば目にする。そういうものを発見した場合、僕は遠慮なく0点にさせていただくことにしている。他人のコラムの剽窃や実験結果の捏造と同じように、コピペは何ものも生み出していない。それどころか、他人の文章をアプリオリに許容して自分のものであるかのごとく装う無批判な精神は、マイナスでしかないとすら思うからである。
特に、他人が主観を吐露している文章をそのまま自分の主観であるかのごとく述べて平気、というのは信じがたいことだ。あなたは心の動きまでも他人のコピーなのですか? と聞きたくなる。
コピペによって捏造されたレポートはしばしば内容としても本当につまらない。これは、本来何らかの脈絡の中におかれた文章の一部分を、無理矢理引っぺがしてくることによって生じる現象である。確かに何かしら正しい情報が書かれているかもしれない。だが、そのどこがおもしろいのかわからない者によって剽窃された文章は、やっぱりつまらないのだ。
多少文章が練れていなくてもよい。等身大の思いのこもった文章は、誰が書いたっておもしろいと思う。レポート課題がつまらないと思ったら、つまらないと思う理由のタケを僕にぶつければいい。僕は少なくともそういう文章を読むのは大好きだ。
今の青年誌の漫画をおもしろいと思い、あるいはバラエティー番組の展開の妙を楽しむ心があれば、どんな問題にだって自分の思考を持つことはできるはずだ。講義はそういうものと関係のないことと端から決めてかかる心の壁が、学生たちの側にもあると僕は思う。お互い様という面もあるんだけどね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Extra

プロフィール

象(Zoo)

  • Author:象(Zoo)
  • 理系研究者です。科学好き、やや社会派、体を動かすのも好きです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

バナーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。