Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

前半の予定は消化

ともかくDhakaを出てDinajpur、Rajshahi、Mymensinghの2日ツアーは特にトラブルなく無事終了しました。トータル1000km近い距離になると思いますがドライバーのRoisさんは本当によく走ってくれました。
大変だろうから休んだら? と勧めるのですが、OK, OKなどと言いながらいっこうに休まないのでかえって心配になります。

Whenever you want, you can take rest. Let us take some tea somewhere. Cha kabo.

などというのですが。もしかするとこっちが何を言っているのかさっぱりわからないままOK, OKと言っているのかもしれません。多少強制的に「オレは休みがとりたいんや」ということにしてみる手もあります。でも自分は自分で調子が良くて、休みが必要な状態には全くなりません。というわけで、事実上ほとんど休みなしの運転でした。実際彼はまだかなり若く(とはいえ既にドライバー歴15年。未成年のころからこの仕事をしていたことになります)、速いことついて早く休むことの方が大切なのかもしれません。
道の状態はいいところも多いのですが、悪いところもあります。で、何が最悪かというと、対向車線のバス・トラックの運転マナーの悪さと、交通に参加する車種の異常なまでの多様性です。
トラック・バスはもちろんのこと、普通のセダンにパジェロ型。ここらへんまでならまだ許せます。さらに、ベビータクシーと呼ばれるバイクを改造した超小型自動車。しばしばバックミラーなしで冒険的な運転を見せてくれます。いま収穫期を迎えていることもあり、エンジン付きの農機具もしばしば見かけます。そして自転車を改造したリキシャ。人力なのにそれなりに横幅がありますので、対向車線に余裕がない場合はほとんど徒歩のスピードまで落としてリキシャを避けなければなりません。このリキシャには荷物用のものもあり、5メートルはあろうかと思われる長い竹の束を積んでいたりします。いちおう道に平行になるように運んでいるのですが、なにかの弾みに車のフロントガラスを突き破らないとも限らないように思われます。そして人。多種多様な物陰から飛び出してきます。動物。牛や山羊など人柄のいい動物ほど無警戒で無邪気に車道を横切ったりします。鶏の親子があっという間に道を横切るのも気になります。こういった混沌状態の道を100km/h前後のスピードで突っ切っていきます。夕方から夜になってくるとこの混沌が闇に沈みます。自分は助手席に座ることが多いのですが、もうまじめに前を見ていると寿命が縮まるので、あきらめて横を見て現実逃避します。
こういう中で生き抜いている彼らはやっぱりすごいと思います。しかし余計なことに気を遣わないと生きていけないという意味では、生産的ではないようにも思います。時々道ばたでひっくり返っているトラックやバスは見かけます。明日の無事を祈るのみです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Extra

プロフィール

象(Zoo)

  • Author:象(Zoo)
  • 理系研究者です。科学好き、やや社会派、体を動かすのも好きです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

バナーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。