Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

オマツリ島(雑感2)

細田守の復活作。
こちらも短編連作続き物にさせてください。
圧倒的な海と空の世界に音響と映像の力で生理的・一気に突入する導入。
南の海と空と風、島のイメージ。ラテンの香り。アジアンテイスト。リゾートの豪奢さ。音楽と音響による空間表現が心地よい。それに対比される荒くれの暗黒のおそろしい夜の荒海のイメージ。
空から俯瞰する海を行く一筋の船の航跡とさんご礁の海、そこに一文字一文字はめ絵のように浮かび上がる O N E P I E C E の文字の鮮やかさ。これは映画館で見たかった! 島に近づくさまはなぜか「ナビィの恋」を思い起こさせる構図。
耳をすましてかすかな希望の音を聞き取ること。オマツリ島のかすかなサンバのリズム。そして、ルフィーを呼ぶ仲間たちのかすかな声たち。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Extra

プロフィール

象(Zoo)

  • Author:象(Zoo)
  • 理系研究者です。科学好き、やや社会派、体を動かすのも好きです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

バナーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。